幻の光(110分)

幻の光

1995年ヴェネチア国際映画祭 金のオゼッラ賞(撮影に対して)

芥川賞作家・宮本輝の同名小説を原作とし、是枝裕和監督の長編映画デビュー作ともなった映画『幻の光』(1995)。石川県輪島市を舞台に「生と死」「喪失と再生」というテーマを、陰影深い映像に昇華させ、ヴェネチア国際映画祭で金のオゼッラ賞(撮影に対して)を受賞。国内でも連日満席となる話題作となった。
1995年の公開から29年の歳月を経て、デジタルリマスターにて今新たによみがえる。

「作品情報」

是枝裕和

江角マキコ、浅野忠信、内藤剛志

公式サイト